事業計画書作成サポート

事業を行っていくうえで、「計画」をたてることは必須です。

事業がうまく行っている時は、無計画でも問題がないかもしれません。

しかし、事業が大きくなり、取引が多くなると、無計画では決してうまくいかなくなります。

また、「魅力的で安全性が高く、計画的なビジネス」と伝えることができなければ、今後事業拡大を考えた際に外部に協力してもらうことは困難になるでしょう。

事業計画の無い、無計画な経営をしている会社ほど事業が立ち行かなくなることが多いです。

 

事業計画書の目的とは?

成功している会社は「優れた事業計画書を作成している」ことが共通点として見受けられます。
そして、事業計画書をつくる目的は主に2つあります。

(1)ビジネスの設計図

(2)ビジネスに協力してもらうツール

(1)ビジネスの設計図

多くの経営者が明確な計画を持たずに事業を開始し、飛び出していきます。

そして、方向性の明確さも持たず、問題が起こったときの対策も思案せずに進めようする方も多いと感じます。

しかし、ビジネスはそんなに甘いものではありません。

設立後5年で半分の会社が廃業・倒産に追い込まれています。世の中の経営者の多くは事業計画を立てていないのです。

「計画は頭の中に入れてある」という方が、いざ計画書を作成すると熟考されていない項目が多くあるという話はよくあります。

まずは自分のビジネスをどのように大きくしていきたいのか想像はできていますか?そして、それを達成するためにどのようなアクションプランを立てればいいのかを考えていきましょう!

(2)ビジネスに協力してもらうツール

ビジネスは1人だけでは成功させることはできません。
多くの人や会社に協力してもらい、少しずつ少しずつ成長していきます。

例えば、資金調達は外部の協力を得ておこないますね。

金融機関から借入れをする際、あなたのビジネスに協力したいと担当者が思うかどうかが、お金を貸してもらえるポイントになります。

あるいは、業務パートナーを探すときもそうです。

あなたのビジネスがどれだけ魅力的で計画的で安全であるか、説明する必要があります。

このように外部の人の協力を得る際に、協力してもらうツールとなるのが事業計画書です。

事業計画書を見せ、説明することで、あなたの考えているビジネスの素晴らしさを相手に伝えることが容易になります。

 

事業計画書作成サポート料金

30,000円~

埼玉創業融資サポートセンターでは事業計画書の作成サポートもご案内致します。
事業規模や売上高に応じて変動しますので無料相談へ、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る